色々な病気の抗生物質として利用されているクラビットですが、飲むことによって副作用が出てしまうことがあります。

クラビット

クラビットの飲み過ぎには注意

色々な病気の抗生物質として利用されているクラビットですが、飲むことによって副作用が出てしまうことがあります。

一番の問題としては免疫力低下という症状が出てしまい、別の病気に感染しやすい状態となってしまうのです。

そのためクラビットというのは長期的な服用はできませんし、容量以上の薬を飲んではいけないのです。
ある程度病気が治った段階でクラビットの服用は止めた方がいいでしょう。

それによって免疫力を回復し、普通の状態まで持っていくこととなります。

免疫力が低下している状態ではちょっとした風邪で重症化する可能性もあるため、出来る限り服用する期間は短くしてください。

あまり頻繁に飲まないということを心がけて使用するといいです。

ページ上に戻る

サイドメニュー